ごはんを楽しく食べる為のプログラム作り



■ 目標設定

 

・動画を見て真似してもらう

・リズムを取ったり、歌ったりできる様になる

↓(変更)

「いただきますの歌」を作りごはんを楽しく食べてほしい

 

■ 課題への取り組み

 

① 食べる前のお口体操を取り入れた歌を作り上げる(作曲:濱崎楽人)

 

② 毎日の日常で歌って頂く

 

③ 微調整(修正を加える)

 

④ ダウンロードできる動画を制作する

 

 

■ 結果(どう変化したか・新たに見つけた課題・難しかったこと)

 

様々な事情を持つ子ども達にとってごはんを食べる行為は、簡単な事ではありません。

楽しいと思ってもらいたいと願い曲作りを進めました。

 

曲を聴いて楽しく食べてくれる事もあれば

何日間も全く食べれない事もありました。

それでも、自分の名前を呼ばれること。

この音楽を聴くとごはんの時間が始まると認識は、少しづつでも前進していると考えます。

 

結果を急がず、向き合いながら引き続き継続し進めていきたいと考えます。

 

 (報告者:有永美奈子)

(親御さんの声)

 

■ 課題

 

最初は、音楽に合わせて遊んだりできるようになったらいいな、と思って申し込みました。

 

■ 結果

 

いろいろ試しているうちに、音楽が鳴ると、ニコッとして、ごはんを食べる動作がスムーズになっている気がして、「いただきますの歌」をつくることに目的や課題がシフトしました。

 

歌の中の「おくちの体操」に合わせて、あちこち触ると、口の中はとくに敏感なのか、嫌がったりする様子が見られましたが、ほっぺたや口の周りを触られるのは好きなようでした。

 

そういう微妙な感覚の違いが分かったことで、ごはんを食べさせる時の動作に少し注意して、上手に食べさせる方法が見えてきた気がします。