角 岳史 SUMI Takeshi

指揮者/演出家

島根県に生まれる。東京学芸大学芸術課程音楽科卒業。指揮と作曲を学ぶ。1995年よりウィーンに留学し研鑽を積む。 1996年より2009年まで(財)日本オペレッタ協会の全ての公演において、指揮者または合唱指揮者として、『こうもり』『メリーウィドウ』をはじめとする数多くのオペレッタに携わる。 2008年より東京オペレッタ劇場音楽監督をつとめ、指揮者、演出家として活動。
オペラでも、これまで各地の団体でモーツァルトの『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』、ヴェルディの『椿姫』『リゴレット』、プッチーニの『ボエーム』、ビゼーの『カルメン』、フンパーディンクの『ヘンゼルとグレーテル』、團伊久磨『夕鶴』などを指揮。 また劇団四季のロングラン公演『オペラ座の怪人』などでミュージカル指揮者としても活動。またオーケストラや合唱の指揮者、指導者としても各方面で活躍している。
近年では、オペレッタやコンサートのプロデュースなども手がけるほか、オペラやオペレッタの日本語訳詞なども多数発表している。指揮を井崎正浩、湯浅勇二、松尾葉子、ヴァラディ・カタリン、ルドルフ・ビーブルの各氏に、作曲を青木祐二、吉崎清富の各氏に師事。