私たちの想い


公演を作る

私たちの公演作りのスタイルは独特かもしれません。


『 このデリパフォがこの子にとって最後の観劇になるかもしれない 』


私たちは常にそう考え、最高のデリパフォにする事を考えて取り組んでいます。


それは、会場作りから始まります。

音響、照明のセッティングに最低でも1時間以上必要とします。その後、本番を想定したリハーサルを3時間前後行います。


リハーサルを行う事に大変驚かれますが、リハーサルは私たちが絶対にこだわりたい事のひとつです。


リハーサルの質は公演の質に直接繋がります。(リハーサルなしで公演を行う事も可能です。ただ、過去の経験上納得できる公演の質とはなりませんでした。)


条件は

本番の会場でリハーサルを行う事

本番通りの音を出せる事


私たちはその日の空気、天気、湿度、部屋の響き方など様々な条件の中、その日のベストな音を作りあげていきます。


心地よい音


それは繊細な作業で、根気も必要です。

3時間前後のリハーサルの中では、そんな音作りを行っています。


更に、その日に共に生きる子ども達の様々な個性・特性を先方より伺い、どんなパフォーマンスを選択するか、リハーサルの中で最終シミュレーションしていきます。


私達はひとりひとりの傍に向かいパフォーマンスも行いますので、どこに何があるか、何に気を付ける必要があるかも現場で確認しながらリハーサルを行って行きます。


その為、本番が行われる会場でのリハーサルが必要なのです。

 

ぜひ最高の公演を作らせてください!

ご協力お願い致します。

 


安全を守る為に

私たちは子ども達の安全に最大限配慮し公演を行っています。


抗体検査


中心となってパフォーマンスを行うプレイヤーズメンバーはほぼ全員4種抗体検査を受けており、足りないものに関しては注射もしています。(抗体検査済みのメンバーのみでのデリパフォをご希望の場合はお申し込み時に必ずお伝えください。)


アルコール消毒


私たちは出来る限り手をつないで、ふれあいながらパフォーマンスを行いたいと思っています。その為、頻繁に手をアルコール消毒をしております。(ふれあうことはNGな場合は、お教え下さい。) 

 

公演では、表現を消さないためな出来る限り「マスク」はしておりません。

必要な場合はマスクをしながらでも工夫しますのでお教えください。

(過去にはマスクをしてのパフォーマンスは1度も有りません。)