オンラインデリパフォ  《 町田第一中学校わかば学級 》

本日、日本財団のトゥ-スフェアリー様のご支援で、私の学校に心魂プロジェクトさんが来てくださいました。

私はオンラインで参加して、キッズ団のメンバ-として、サ-クル オブ ライフを、寺田さんと一緒にパフォ-マンスをさせていただきました。

本当は、自分の学校だったので、恥ずかしさと、中学校は実質数日しかいけていない状態だったので、こんな私が出ていいのかなぁって思っていました。

でも、こんなチャンスは滅多にないので、私が想っている事をみんなに伝えたいと思い、今回出演させていただきました。

スピ-チは自分が下書きしていたものと、半分くらい表現が違いましたが、自分が伝えたい内容は伝える事が出来たと思います。

ダンスは、みんなに想いを込めてダンスをすることが出来ました。終ったあとへとへとでしたが、とても良い意味のへとへと感です。

また、本日、この日を無事に迎えられる事が出来たのが、本当にうれしかったです。身体がしんどくきつくかったけど、寺田さんと一緒に学校に向けてパフォ-マンスが出来たことが、本当に幸せです。 

学校のみんなもあまり逢えてはないけど、快く私を迎えてくれて本当にありがとうございます。

最後に、私も、他の人と比べないで、自分のやり方を見つけながら前へ前へ進めるようにしたいと思います。そして、一日一日大切に、あなたらしい人生を見つけて楽しんでください。

 

本日娘の学校に心魂プロジェクトさんが、日本財団のトゥ-スフェアリー様のご支援で来ていただけました。娘の担任の先生が、心魂プロジェクトに応募していただけたけたおかけです。先生ありがとうございます。

さて、娘は中学3年生ですが、中学校はほとんど通えていません。1年生、2年生のほとんどが入院生活で、自宅にいるのも4か月くらいしかいませんでした。授業は、オンラインで参加出来る時に、参加する感じで過ごしています。

今年も学校には、いけていません。

でも、その中でいろんな事を、自分で選んで、体調維持に努めてきました。

6月にかけてだましだまし、体調を見ていましたが、やっぱりどうしてもきつくなってしまい、今日のこの活動に出たい一心で、少しだけ入院して、身体を整えて、他にやりたい事はあるけど、それも我慢して、今日の日を迎えました。主治医の先生方には、もう少しやりたい事を選別してみて、体調を整えるのはいかが?とかいろいろ言われていました。

親馬鹿承知で、ここから書きます。

今日の娘のパフォ-マンスをみて思った事は、自分が中学生で同じ立場であったならば、多分、娘みたいにきちんと、自分の状況や伝えたい思いは話せなかったと思います。ものすごく堂々としていて、かっこよかったです。

スピ-チは、スピ-チ紙を読むのでなく、自分の言葉に落とし込んで、発言していました。予定していた内容と少し違いましたが、彼女の想いは、発信出来たと思います。

そして、彼女の思いが、生徒さんにも伝われば、うれしいことです。

ダンスですが、私だったら、同じ学校の生徒の前でパフォ-マンス(ダンス)をするなんて、はずかしくって、縮こまってしまします。そんな中でも、娘は、キッズ団として、立派に自分の踊りを伝えていました。

椅子に座ってのパフォ-マンスでしたが、慢性神経疼痛があるので、身体を大きく使うと痛いところの痛みが強く出ることがあるので、心配でしたが、そんな問題がある身体と思わせないぐらいのダンスでした。

実際は、かなりきつかったみたいですが、しんどいのをいったんおいて、きちんとキッズ団を代表してやるっていう意気込みでパフォ-マンスを行いました。素晴らしい! 

娘ちゃん最高だよ!

 

2021/7/12

オンラインデリバリーパフォーマンスに参加して

「つながり続ける私達」

社会人パフォーマー黒井良子

千の学校でデリパフォができる事は私にとって特別な事だった。

小学生の千と私はこども病院で出会っている。

一緒に遊んだお友達の1人です。

私自身が初めて心魂に出会った時の事を千と母ジェシーに話した記憶があります。

それから3年後

私が病院を辞める時これからは病院の外からみんなを応援する人になると約束をしました。

その後病棟の子どもたちが心魂ワークショップに入ってくれたけど、千は病棟の子どもたちの中で一番最後にワークショップに入ってくれた。

やりたくても病状が落ち着かなかったからだった。

千親子をみんなが温かく迎えてくれた事が嬉しかった事を思い出す。

千とこどもたちと一緒に歌ったトゥモローは感無量だった。

心魂は千が入ったことで大きく進んだ。

当事者本人が自分の気持ちを話すようになったから

アーティストの感性ギンギンの寺田さん美奈子さんを中心に

セッションするかのように

千の想いをふくらましてチャレンジする事を導いてくれた。

新しい価値観で千やこどもたちのことを見てくれる大人の存在が何よりも

私は私でいいんだと感じさせていたんだと振り返って思う。

今回特別支援学校でないのにオンラインデリパフォが出来たのは

私が千に心魂の話をしたように、

千が担任の先生に心魂の話をして、先生自身の経験も心魂の活動に感銘を受けて成り立ったものでした。

今日は遂にそれが叶う日でした。

今を生きている千に

今しか作れない生演奏のデリパフォがぴったりだった。

リハーサルの時に実は学校にちょっとしか通えてない事、

写真を通してクラスメイトの様子を知ったということも話してくれた。

それでも

自分の病気の事を話すこれをやる!と決めたこと

そして、心魂キッズ団として

使命を持ってみんなの想いを届けようとしている姿に心底感動した。

でもね。きっと勇気が必要だったはず。本当に素晴らしかった。

ズームで交流する全学年のクラスメイトさんお一人お一人に千と同じように唯一無二の物語がある事を想った。

私達心魂はみんなとつながりたいと心から思ってパフォーマンスを届けた。

楽しめた?はい!

おーしそれならオッケイ!

プロのミュージシャンでも歌い手でも

自分の世界を作り上げている。

たとえへ止まっても

深呼吸して立て直して最後まで伝えたこと素晴らしかった。

今日の成功体験を忘れないで

自分の事を自分の言葉で話す千を尊敬する

今を生きる千に心が震えた

自分が中学生の時千のように自分の事を話せなかったと思う。

すごい体験をしたね。

今回出演メンバーだけの振り返りの千へのみんなの温かい言葉に更に感激した。

私はもうずっとボロ泣き。

一緒にオンラインパフォーマンスできるなんて最高に幸せ!!

それが本当に本当に嬉しい。

千の力を持つチカちゃん

名前通り

やりたい!って気持ちがみんなの心に小さな火を灯して導くようになったね。

千が最後の言葉で

「これからもつながり続けましょう」って言った。

素敵な言葉だなぁって思う。

ね!みなさん!!

これからもつながり続けましょうね。

今日は本当にありがとうございました。

繋いで下さりました先生より頂きました 《 町田第一中学校わかば学級 》

4月に発表されたTOOTH FIARY様助成金企画心魂による無償オンラインデリパフォ

キッズ団千ちゃんの在籍学級であるわかば学級に、ぜひ、心魂さんを招致したい!

(あわよくば、心魂で活躍している千ちゃんの勇姿を、わかば学級の生徒たちに魅せたい!)

特別支援学校ではなくとも、全国の公立小中学校には、障がいをもった子や、特別な支援を必要とする子たちが在籍する特別支援学級があります。ドキドキワクワクすることは、全てのこどもたちに与えられる権利です。心魂のこの精神は、わかば学級にも当てはまるはずと、熱く問い合わせさせていただきました。後日、わかば学級でのオンライン公演が実現可能とお知らせをいただき、心躍りました!

オンライン公演の前に、心魂のこと、千ちゃんの病気のこと、キッズ団での活躍の様子、多分演奏されると思われる「希望の歌」の練習、お昼の放送時間に心魂の動画をBGMとして流すなどをしました。

千ちゃんは、今中学3年生、学校にリアルに登校することができず、中1の時に5日間だけ登校することができただけです。ずっと入院生活が続き、中2の時からようやくオンラインでの授業に参加することができましたが、学級の友達ともオンライン上でしかやりとりできませんでした。千ちゃんの学校へ行きたくても行けない病状、そんな中でも自分のできる精一杯を身体と向き合いながら生きる千ちゃんの姿。その生きざまを少しでも学級の生徒たちが感じ取ってくれたら、という願いも込めて、このオンライン公演に応募しました。

今日の千ちゃんのパフォーマンス、学級のみんなに向けて話してくれたメッセージ、みんな真剣に千ちゃんの思いを聞いていました。千ちゃんの思い、みんなに伝わったと信じています。

オンライン公演の出演者は、まーくん、みーちゃんに加え、つぼちゃん、たまちゃんの生演奏という豪華なメンバー。社パフォのよっちゃん、なおちゃん、ゆーみんはアンダーザシーの賑やかで楽しいパフォーマンスを。そしてキッズ団を代表して千がサークルオブライフを演じてくれました。

冒頭のZoomでの挨拶から、希望の歌の練習から始まり、YouTubeでのライブがスタートしました。以下、生徒の感想と様子です。

生徒たちは、つぼちゃんたまちゃんのリズム遊びはノリノリで手拍子や変顔もやってました。バンド経験のある教員は、坪ちゃんたまちゃんの即興演奏の奥深さに感激しました。キーボードとドラムの掛け合い、夢中になって観ました。

まーくんのアラジン・ジーニーは、本物のジーニーだ!とビックリ。変幻自在の歌に圧倒されていました。ソーラン節では、どっこいしょ!ソーランソーラン!ハイハイ!と大合唱しながら踊ってました。

みーちゃんのアナ雪のLet It Go!やリトルマーメイドの世界観にうっとりとのみ込まれていました。映像の演出にも驚いていました。

ちーすけさん制作のBeautiful Name の動画は、自分たちが出てきてビックリのサプライズ!とても喜んでいました。

千のパフォーマンスは、一番最初のメッセージがすごく心に残りました。動きがしなやかで力強かった。千のパフォーマンスが観られて本当によかった。全力でパフォーマンスを見せてくれたこと、語ってくれたメッセージ、その姿をわかば学級の生徒が観られたことは貴重な経験でした。

最後にあいさつした生徒は、今日の心魂の公演を観て、障がいがあっても、夢を持っていいんだ、ぼくは俳優になるという夢を叶えたい。と決心したようです。

楽しみにしていた2日後に行く予定だった宿泊学習が、緊急事態宣言で延期に。でも、今日は心魂オンライン公演のおかげで世界旅行に行くことができました。あっという間の1時間30分の夢の世界でした。