クリニクラウン×心魂 入院中の子どもたちへの公演 ~歌とあそびのコンサート~

(文:寺田真実)

 

病気と戦うこども達に向かって本気で大人が向かう活動・クリニクラウンさん達。

同じ想いを持って生き続けている仲間と50歳を越えて出会い共に生きれること、本当に本当に幸せです。

全国全てのこども病院・小児病棟が一気に対象となるオンラインデリパフォはかなりレアな取り組みだと思います。勿論

ひとつの病院とじっくり

という形がベースとなりますが、皆で一緒に楽しむというものも同時に行えば足りないマンパワーと資金力をカバーし、コンスタントにこども達に向かうことが可能となります。

その初めての試みは助成金により行うことが可能となりました。

 

いつかもっともっとコンスタントにオンライン活動が出来るようになれば良いなと考えてますが、まずは一歩目。

その一歩目をプロメンバーだけでなくキッズ団と社会人パフォーマー、更にクリニクラウンさんと踏めたことは大きな一歩です。

お互いの強みが出やすい筋だけ決めて、当日まで何のミーティングをしなくてもちゃんと形に出来るひとりひとりのスキルと何より明確な想い、積み重ねてきた活動。

本当に素晴らしい瞬間の連続。

 

次回は9/29に入退院をしながら頑張る病児・障がい児・きょうだい児に向けたオンラインデリパフォを行います。

次回もクリニクラウンさんとのコラボレーション公演となります。


(文:心魂キッズ団 ジャスミン)

 

今日は、入院中のこども達に向けて、オンラインでデリバリーパフォーマンスをしました。

私は病気でよく入院しているので、入院中の子達の気持ちがよくわかります。入院中は、点滴や管やモニターを繋げるので、病棟から出る事ができません。外に出られないと、本当にストレスが溜まり辛いです。短い入院だとまだ耐えられるかもだけど、長い入院では耐えられません。

どこかに出かけたいのに行けない、美味しい物を食べに行きたいのに、食べに行けない。そういう子達を何度も見てきたし、自分も経験してきました。

 

なので、「入院中のこども達にパフォーマンスとどけませんか?」と言われた時、絶対にやりたいと思いました。

「入院中のこども達が、少しでも楽しい気分になれたり、旅行に行った気分になれたら嬉しいなぁ」

と思いパフォーマンスしました。

とっても楽しかったし、幸せな一日でした!ありがとうございました!デリパフォが終わった時に、「最後にコメントにありがとうと言う言葉が入っていた」と聞き、とっても嬉しかったです!

また、こういう機会があれば参加したいです!

ありがとうございました。


(文:社会人パフォーマー めぐりん(田畑真希子)

 

今日は、全国各地にある子ども病院・小児病棟の皆さんへのオンラインデリパフォに参加しました。

★心魂プロジェクトスーパーロングツアー後の初のオンラインデリパフォ!

★心魂プロジェクト共同代表である、みーちゃんの想いが叶った、子ども病院・小児病棟へのデリパフォ企画の第一回目!

★そして!クリニクラウンさんと社会人パフォーマー、キッズ団が初めて絡むデリパフォ!

と、初めてづくしの今日でした。

クリニクラウンさんは心魂プロジェクトの定期公演や共同代表のまーくんとコラボパフォーマンスをされていたり、私自身もクリニクラウンさんのイベントに2回ほど参加させて頂いており、その度に、抱腹絶倒なのに泣けるほど優しい会話、オンラインで参加するみんなを自然に巻き込む力に感動して、私の憧れの存在です。

そんな憧れの方たちと一緒にデリパフォが出来るとは何たる幸せでしょう!

まーくんが、社会人パフォーマー3人(よっちゃん、あかりん、めぐりん)に用意して下さったシーンは、筋書きはあるけれどもセリフは即興という内容…!

2回のリハーサル、2回の本番の合計4回で、セリフも動きもどんどん変わるクリニクラウンのきゃし〜とぐんぐんにどう絡んで行けば、観ている子ども達も楽しんでくれるかな?と知恵を絞って動くのは、とてもやりがいのある楽しい経験でした。そして改めて、お二人のようにテンポのある楽しい会話や子ども達を自然にパフォーマンスへ誘えるような社会人パフォーマーになりたい!と思いを新たにしました。

キッズ団メンバー4人(りんごちゃん、千、ジャスミン、ゆりなちゃん)も、とても頼もしくきゃし〜とぐんぐんの旅をサポートし、まーくんが歌う力強い「サークル・オブ・ライフ」と拮抗する、迫力あるパフォーマンスを見せてくれました。

きっと、彼女達を見て「自分も!」と思った子が今日もいたと思います(ぜひキッズ団へ!)。

パスポートや貴重品が入ったきゃし〜のカバンが空港で忘れさられるというアクシデントに見舞われたクリニクラウンお二人の世界旅行でしたが、まーくんとみーちゃん、いぶちゃんの素敵な歌に乗って、社会人パフォーマーとキッズ団も魔法で応援して、最後にはとても名残り惜しくなる、素敵な旅になりました!

観てくれた子ども達も、きゃし〜・ぐんぐんと一緒にヒヤヒヤしながらも、世界各地を回る旅を楽しみ尽くしてくれていたら嬉しいなぁ!

良かったらまた一緒に、心魂の世界旅行を楽しみましょうね!


(文:社会人パフォーマー あかりん)

 

待ちに待ったオンラインデリパフォの日。

病棟に行くと、午後のデリパフォに備えて多くのこども達がプレイルームや広場に出てきてくれている!

感染対策で部屋から出られなかった時も長かったこども達。

最近になってやっと部屋が違うこども達とも交流できるようになったけれど、医療ケアの多く、なかなか部屋から出ることが難しいこども達もいる。

そんなこども達が、部屋の外に出てる!!!

楽しみにしてくれているこども達に応えるためにも精一杯頑張ろう!と14時からの1回目の公演に出演。

実は魔法使いでの出演は初めてでしたが、台本が無いのが逆に気を張らずにできて、クニクラウンのキャシーとぐんぐんとの掛け合いがとても楽しかった~。

キッズ団のこども達とのアンダーザシー、コンパスも最高でした。

 

そんな公演を終え、どんな反応をしてくれたかなと気になり、魔法使いのままの格好でこども達に会いに行ってみました!

さっきまで普段とあまり変わらない姿だった私が、いきなり変な格好で出てきて、爆笑する子、動揺して目を反らす子、どう反応していいか困った表情の子、目を見開いてじっと見てくれる子、登場するだけで色んな表情をみせてくれました!

職員の方からは、姿にびっくりされながらも

「モアナきたよー!」と言ってくれたり、

「Aちゃん、すごく楽しんでたよー!」

「サークルですごくテンション上がってた!」

「Bちゃん(お昼間もいつもウトウトしがちな子)、しっかり目をあけて見ていたよ!」

等と公演中こども達の様子を教えてくださいました。その後、まだ広場にいたBちゃんにフラを踊ると、顔を上げて手を動かそうとして一緒に踊ってくれました!

病院に向かう道中、わざわざ病棟に行かなくても自宅からデリパフォでも良かったかなと思っていましたが、こんなにたくさんのギフトをもらえて、やっぱり行って本当によかった!!!

こども達の間近で反応を見れるなんてこんなに嬉しいことはありません。

 

「今日は目の前でパフォーマンスしないんですか?」なんて声も何人かいただき、

今後、感染状況が落ち着いてきたら、社会人パフォーマーとして病棟で対面やハイブリットでのデリパフォができたら嬉しいなぁ、なんて夢もできました。

いつもパワーと最高のギフトをくれるこども達に感謝です。本当にありがとう!!!


(文:社会人パフォーマー 黒井良子)

 

今日は、入院中のこども達に向けて、クリニクラウンさんとコラボでオンラインでデリバリーパフォーマンスをお届けしました。私が医療保育士として入院中の子どもたちと出会ったのは今から20年前です。その頃は明らかに今よりも環境は整っていませんでした。

その中

どうやったらちょっとでもいいから

笑ってくれるか,…

そんなことばかり考えていました。

 

今は入院中でも遊びが大切だと言われて、理解も深まり、日々どんどん入院生活の質が高くなりつつあります。今回もその生活の質の向上にお役に立てたのならば幸いです。私は病院から離れた今、祈ることしか出来ないなと思っていたのに、ふたたび形をかえて入院中の、こどもたちと繋がれて、とても嬉しく思います。今回出演したキッズ団のりんごちゃん、ジャスミン、千、ゆりなちゃんは病院や病棟で一緒に過ごした仲間です。

辛いことしんどいこと寂しいことを

一緒に乗り越えて来ました。

そんな彼女らは入院というワードだけで

様々な思いを共有できると思います。

だからこそ、みんなと繋がりたいと思ってくれた事がとっても感慨深いです。

「大丈夫、一緒だよ。」

「1日ちょっとでも笑ってくれたらいいな」

そんな思いでした。

本当に大丈夫よ

見ていなくても見れなくても

あなたの事を思って祈っていたから、

それは時を越えて届くものだから…

いつか会えたらほほえみ合って、ハグして一緒に歌えますように…

またね!!

今日はありがとうございました!!