オンラインデリパフォ(TOOTH FIARY) 《 竹の子の会さま 》 プラダー・ウィリー症候群児者家族の会

雨・雷の影響で配信が不安定になる不安がありましたが、本日無事にオンラインデリパフォを行いました。

プラダー・ウィリー症候群の子どもたちは、筋力が弱く乳幼児期は歩いたり走ったり出来るようになるのが健常児よりもかなりゆっくりですが、人懐っこく、音楽に合わせて踊ったりするのが好きな子も多いと伺い本日を迎えました。

病気の特性で肥満になりやすく、運動をすることが大切なので、オンラインで家族みんなで楽しく歌ったり踊ったりできると良いなと思いますとのオーダーを頂きましたので、一緒に踊るパフォーマンスも入れました。

最初にみんなでオンラインで繋がりましたが、その瞬間に子どもたちが発する明るい空気が横浜のシアターまで一気にやって来ました。

とてもとても幸せな瞬間でした。

ママ達からも沢山のコメントを頂き、とてもとても幸せな75分。

今日は上下逆に撮影するビデオカメラなどシアターは5台体制でしたが、家から出演した岩本さんの映像にシアターからの操作で画像を重ねるという新しい演出が加わりました。

これで家や病室から出演する子(1出演者)にも同じ演出が出来るようになりました。

「 まーくんに手紙を書きたい 」

子どもたちがコメントをくれました。

まーくん自身が最幸のデリバリーパフォーマンスを頂きました。みんな、ありがとう。

私達は本当に本当に幸せです。