《 小山市立豊田中学校芸術観賞 》

本日は栃木県の子ども達へのオンライン芸術観賞会でした。

 

一昨年前に台湾・台北日本人学校での公演の時に私達を迎えて下さった音楽の先生が台湾での3年間を終えて日本に帰って来られ、日本でも私達にオーダーして下さいました。

 

オンラインでの生配信芸術観賞

コロナとはいえ、日本中を見渡しても中々ないパターンだったことと思います。

新しいことにチャレンジして下さった小山市立豊田中学校の皆様に心から感謝致します。

 

私達のパフォーマンスの中には必ず難病児・障がい児・きょうだい児・ご家族、共に生きる方々が生きています。

そのパフォーマンスを体感して頂き本当に嬉しい時間でした。

 

今年の公演も終わりが見えてきました。

ここまで共に走って来れたこと、走ってくれた仲間たちに感謝しあと1ヶ月半進んでいきます。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    しまだ まさと (土曜日, 10 4月 2021 11:55)

    昨年度は小山市立豊田中学校のライブ配信ありがとうございました。
     ライブはじかに体験するものが一番伝わるものであることは当然のことですが、コロナ禍では人と人との接触が制限されてしまいますので、パフォーマンスが低下するのは仕方のないことです。ですが、この状況下でたくさんのすばらしい歌とともに、たくさんの感動をいただきました。生徒達は引っ込み思案で、なかなかはじけていない状況でしたが、心魂プロジェクトの皆様のパフォーマンスに魅了されていました。あとで、私が生徒に質問してみたところ、心に残る行事の一つとしてこのオンライン芸術観賞会あげている生徒が多くいました。
     個人的なことですが、私は演劇やミュージカルが大好きで、劇場に足を運ぶことも多かったのですが、最近はなかなかそれもできずストレスがたまっていました。今回の公演で改めて演劇の素晴らしさや感動を味わわせていただき、私自身、感謝の気持ちでいっぱいです。これからも皆様の活動を応援しています。ありがとうございました。